ニイガタ越後「旬の撮影地」

katsu001z.exblog.jp
ブログトップ

タグ:海岸 ( 6 ) タグの人気記事


2011年 01月 19日

胎内市 日本海雪景色

日本海の荒海を写し撮りに日本海夕日ライン113号線を北上。胎内市ハマナスの丘で荒海に
ファインダーを向けるが立っているのがやっとの状態。何と海岸線まで真っ白だ。
c0092386_23421626.jpg


撮影日:2011.0116 強風

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2011-01-19 23:44 | 胎内市
2010年 12月 15日

新潟市中央区 入船みなとタワー付近

いよいよ本格的な冬がやってきた。一面のホワイトワールドである。長期予報では小雪のようだが
どうなるのでしょう。
日本海も大荒れになり、大きな波が押し寄せる。新潟市入船みなとタワー付近の海岸線は構造物
のせいか大波が舞い上がる。
c0092386_236381.jpg


撮影日:2010.1204 曇り時々晴れ間、強風

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2010-12-15 23:09 | 新潟市
2010年 05月 09日

2010 GW撮影行 その9 岩手県宮古市 山王岩

ここは奇岩が見られる観光地、海岸まで降りれる散策路も整備されている。さすがに10時を廻ると
観光客が多くなってきて、散策路で三脚を広げるのは迷惑になってきた。
それにしても道やっってできたのか不思議な岩である。
c0092386_83237.jpg

左側の海岸線に目をやると中学生くらいの子が一人で釣り三昧していた。
c0092386_85173.jpg




海岸美を追ってまだまだ陸中海岸を堪能したいが、時間の都合ではこれで終わり、
桜を追って内陸部へ異動。その前に日帰り温泉で入浴、そして昼寝。
しかし早くアップしないと記憶と感動が薄れていく・・・・

撮影日:2010.0502 晴れ
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2010-05-09 08:13 | 岩手県
2010年 05月 06日

2010 GW撮影行 その8 岩手県宮古市 真崎海岸

宮古市まで南下し、真崎海岸による。ここは灯台までの結構急な散策路がある。その急な階段の
途中からのカット。水深はそんなにないのかエメラルドグリーンの海が続く。
c0092386_5354094.jpg

灯台まで登ると左側の眺望がこれだ。
c0092386_5371937.jpg

しかし気持ちいい海岸線が続く。

撮影日:2010.0502 晴れ!


[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2010-05-06 05:41 | 岩手県
2010年 05月 05日

2010 GW撮影行 その7 岩手県田野畑村 鵜ノ巣断崖

陸中海岸2か所目、鵜ノ巣断崖へ向かう。ここも代表的な海岸景勝地。太平洋に沿って標高
200mにも及ぶ大規模な断崖絶壁となっており、太平洋に突き出したような地形が特色。
名の由来は中腹にウミウ及びカワウの営巣地があることから、鵜ノ巣断崖と名付けられたと
される。ど迫力だ。
c0092386_2263785.jpg

反対側の海岸も写したくて柵を越えて覗きこむように撮影。足がすくむ。
c0092386_2275139.jpg

後でわかったがこの崖は非常に崩れやすく、危険だそうだ。落ちたら命はない!

撮影日:2010.0502 晴れ


[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2010-05-05 22:13 | 岩手県
2010年 05月 04日

2010 GW撮影行 その6 岩手県田野畑町 北山崎

2日目は今回の撮影行のメインディッシュ、岩手県の「北山崎」へ。
寒さのせいか、興奮のせいか携帯アラームより早めに目が覚める。1時、今日も寒い。
東北自動車道盛岡ICで降り、R455へ。夜中の2時なのに盛岡市内は大勢の人出だ。インターより
約70Kmなので余裕かと思ったが山道で結構時間がかかる。夜明け前には着きたいが。
海岸に着いた時はすでに空が明るくなってきた。
「ひらなみ海岸」というところで海岸線が赤くなってきた。本日のファーストカット。
時間は4:02。
c0092386_19235924.jpg

今日は雄大な陸中海岸の造形美をたっぷり楽しみたい。
4:15、北山崎へ到着。広い駐車場にはすでに数台の車が。トイレもあり、車中泊可能だ。
第一展望台へちょうど朝日が昇りかけてきた。
c0092386_19284210.jpg

そういえば太平洋から昇る朝日を写すのは初めてか。
c0092386_1930954.jpg

撮影ポイントの第2展望台へ向かう。結構な数の階段が続く。
ここ北山崎は数年前、山と渓谷社が発刊した「日本の絶景」上で表紙を飾った絶景だ。
まさに日本を代表する自然風景の王様である。
いつか行ってみたい、いつか撮ってみたいという思いがやっとかないそうだ。
撮影ポイントには先客が2組おり、その隣に陣取る。何度か通っている人が色々と解説を
してくれる。そして待ちに待ったそのシーンがこれだ!
c0092386_1933688.jpg

200mの切り立った断崖が8kmに渡って連なる様子はまさに圧巻である。
朝日が薄雲で若干弱いがイメージ通りの仕上がりとなった。
息をのむ絶景とはこれのことか、ど迫力のシーンである。
展望台の真下には「みさご」という野鳥の巣があり、覗いてみた。
c0092386_1953131.jpg

望遠ぎりぎりでこの大きさだ。

撮影日:2010.0502 晴れ


[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2010-05-04 20:08 | 岩手県