ニイガタ越後「旬の撮影地」

katsu001z.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ニッコウキスゲ ( 20 ) タグの人気記事


2015年 07月 23日

長野県山ノ内町 志賀高原

コマクサを楽しんだ本白根山の帰りに志賀高原のニッコウキスゲを覗いてみた。丸池スキー場付近では
見ごろを迎えていた。
c0092386_20562578.jpg

c0092386_20573283.jpg


今シーズンの花園は1~2週間早いようだ。

撮影日:2015.0706 くもり
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2015-07-23 20:58 | 長野県
2015年 07月 02日

福島県 北塩原村 雄国沼

ここのところ毎年のように訪れている雄国沼に行く。朝6時始発のバスに乗るため、暗いうちに自宅を出発。
5時過ぎにシャトルバス乗り場の駐車場に到着したが施錠され入れず。
始発30分前に係員の方が現れる。始発バスは半分程度の乗客、金沢峠は真っ白、雲の中。
400段あるという階段を下り、木道に入るがなかなか霧(ガス)は晴れない。
c0092386_21472330.jpg

たまに切れ間から湿原が顔を出すが今年のニッコウキスゲの咲きっぷりは例年になく勢いがない。
c0092386_2148164.jpg


撮影日:2015.0629 小雨&霧
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2015-07-02 21:49 | 福島県
2014年 07月 26日

長野県山ノ内町 志賀高原 東館山 ニッコウキスゲ

この時期に必ずと言っていいほど訪れる志賀高原。今回はニッコウキスゲを狙って東館山へ。
tゴンドラリフトに到着するとなんと小学生の長蛇の列。東京からのことどもたち、サマースクールらしい。
急きょ、高天原のリフト乗り場へ向かう。そうか首都圏の学校は夏休みに入ったようだ。
リフトを降りると、ニッコウキスゲの大群落。今年の花付はまずまずだ。
c0092386_4275970.jpg

ゲレンデが上から下まで黄色のじゅうたん状態だ。
天気予報はいまいちだったが青空がのぞき少し日も差してきた。
c0092386_4294166.jpg

c0092386_4303872.jpg


ゲレンデを行ったり来たりしてポイント探していると上の方から黄色い声がシャワーのように聞こえてきた。
さっきのサマースクールの子どもたちだ。次々と下りてきて遊歩道は数珠つなぎ状態。集中力がなくなって
しまう。
撮影を切り上げ、下りる準備をしていると、どうやらこの軍団はリフトで下山するようだ。往復切符を
買ってしまったのでバス5~6台分の小学生が全員リフトに乗るのを待つことに・・・。
それに安全対策なのかリフトは一つ空けながら乗っている。小生が乗るまでに30分かかった。

撮影日:2014.0723 うす曇り 気温23度、涼しい~
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2014-07-26 19:41 | 長野県
2013年 07月 20日

群馬県中之条町 野反湖

コマクサを十分に堪能し、草津方面へ駆け下りる。この日最後の目的地、野反湖へ向かう。
昨年も同じ頃7月16日に訪ねたがあまり花勢は良くなかった。R292草津を抜けて、R405で野反湖へ。
しかし遠い。山間をひた走る。今度はニホンザルが現れた。道路の脇を平気で歩いている。
スピードを緩めるとさっと逃げていく。賢いものだ。
かなり日が傾いてきた、夕方5時に現着。昨年とは逆方向で遊歩道を廻る。今年は花付がいいようだ。
c0092386_20412364.jpg

湖畔沿いの遊歩道はこんな感じだ。
c0092386_2044379.jpg

c0092386_20444055.jpg

丘の上から湖を望む。
c0092386_20451254.jpg

かなり日が傾き、空も染まり始めた。これはチャンスか?
c0092386_20455557.jpg

しかし、突然濃い霧が湖を包み込んだ。
c0092386_20464942.jpg

18時撮影終了。帰路に着く。えっ、高速道路が20時から通行止め!急げ~。
何とか間に合う。湯沢を過ぎると花火が正面に上がっている。塩沢辺りの花火大会のようだ。

早朝から駆け巡り、どっと疲れが出てきたようだ。次は柏崎の花火かな。

撮影日:2013.0716 晴れ
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2013-07-20 20:54 | 群馬県
2013年 07月 18日

長野県山ノ内町 志賀高原

奥志賀林道を抜けて志賀高原へ。蓮池近くのゲレンデに咲くニッコウキスゲをとらえる。
c0092386_6341630.jpg

今年はニッコウキスゲの当たり年のようだ。

志賀高原はポイントが多いが今回は我慢してこの日のメインディッシュへ。

撮影日:2013.0716 晴れ
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2013-07-18 06:37 | 長野県
2013年 07月 17日

長野県木島平村 カヤノ平

いや~、久しぶりの休みである。行きたいところテンコ盛り!撮りたいものもあれやこれや。
少し無理して廻ってきました。獲物はニッコウキスゲとコマクサ。

朝3時前に出発、R117を長野県目指してひたすら南下。飯山市から千曲川を渡りひたすら山を登る。
キャンプ場からブナの大木の森を抜け、ニッコウキスゲの群生地目指す。残念ながら朝霧は
流れてこない。木道沿いが、花が濃いようだ。
c0092386_21113486.jpg

湿原の奥まで行くが撮影ポイントは木道沿いのみのようだ。
反対方向、少し青空が出始めた。
c0092386_2118574.jpg

帰り道のブナの森は気持ちがいい。落ち葉がクッションで爽やかである。あ~癒されるな~。
c0092386_2121379.jpg

森の番人と会えた。「こんにちは!」
c0092386_21222477.jpg

次は志賀高原を目指す。

撮影日:2013.0716 曇り時々晴れ
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2013-07-17 21:28 | 長野県
2013年 07月 11日

福島県 北塩原村 雄国沼

7月といえばニッコウキスゲ、ニッコウキスゲといえばまずは雄国沼。天気予報は下り坂、駐車場に着いた
頃からぽつぽつと降り出した。峠で雨具を着込み木道へ。平日なのにかなりの混雑だ。
その混雑に負けないほど、花は見ごろを迎えている。
c0092386_21452442.jpg

木道を歩くハイカーのリズムカルなイメージでなおかつ派手なレインウエアの団体を狙う。
c0092386_21451758.jpg

雨もやんで視界も開けてきた。最後はこんなイメージカットで。
c0092386_21482842.jpg


撮影日:2013.0703 雨くもりしまいに大雨
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2013-07-11 21:50 | 福島県
2012年 07月 19日

長野県 山ノ内町 志賀高原

草津の日帰り温泉で汗を流し、志賀高原へ向かう。途中白根山付近で駐車場渋滞。連休最終日だった。
ニッコウキスゲを求めてまずは木戸池から田の原湿原へ向かう斜面へ。花の咲き具合はいまいちだ。
c0092386_19553662.jpg

まだ花期が早いようだ。
斜面と樹木とのコラボでイメージショット。
c0092386_1958525.jpg

c0092386_1958135.jpg

丸池近くで
c0092386_2013985.jpg

1週間ほど早かったようだ。

撮影日:2012.0716 晴れ
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2012-07-19 20:03 | 長野県
2012年 07月 17日

群馬県中之条町 野反湖

やっと休みがとれた。オレンジ色のじゅうたん、レンゲツツジの季節は終わってしまった・・・
こんどは黄色のじゅうたん、ニッコウキスゲの季節だ。仕事を終え、そのまま関越自動車道へ、途中PAで仮眠。
寝過してしまった!AM4:00沼田IC~R17~R145へ、長野原を目指す。途中信号待ちで車がゆらゆら?
地震?ラジオは速報を伝えない。そうかここは関東地方、一連の余震か?
それにしても遠い。2時間走り続けるがまだつかない。やっと野反湖の看板、R405へ、後は山道を
ひたすら登る。草津温泉街の町並みを眼下に眺めながらやっと6:30到着。標高1514mのダム湖は魚野川
~信濃川に続いているそうだ。地図で見ると新潟県の県境に近いことが分かる。
事前情報より花の濃さはいまいち、これからがピークなのだろうか?
c0092386_846584.jpg

それにしても大きい割に神秘的なところが残る湖だ。
c0092386_8471223.jpg

湖畔に出る散策路を進む。
c0092386_848917.jpg

湖畔に出るとより一層神秘的だ。無風な湖面が又印象的だ。空を映し出す湖面。
c0092386_8485973.jpg

十分に楽しめる撮影地である。もう少しピークの時に再度訪れたい。お勧めです。

撮影日:2012.0616 晴れ
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2012-07-17 08:51 | 群馬県
2012年 07月 06日

福島県喜多方市 雄国沼

オレンジに染まる高原から今度は黄色と緑のコントラストがまぶしいニッコウキスゲのシーズンだ。
ニッコウキスゲといえば尾瀬だが、尾瀬はじっくりと回りたいので現役引退後まで楽しみにとって
おきたい。
最初に咲きだす名所として有名なのがここ「雄国沼」。今の季節はシャトルバスになる、始発は6時
夜中に高速に乗り、途中のパーキングで一休み。ところが大雨で高速道路が通行止め。手前の
会津坂下ICで途中で降ろされ、R49からR121経由で5時半に駐車場到着。小雨が混じる中
一番バスで金沢峠へ。しかしまったく周りが見えないほどのガスの中だ。バス乗り場のおじさん
情報では1週間ほど今年は遅く、ちょうど見ごろとの情報。とりあえず沼のほとりの木道へ。
c0092386_21443530.jpg

10m先は全く見えない。ガスが晴れたらさぞかし…。
まあ、こんな日はこんな日なりの楽しみ方で
c0092386_21461947.jpg

「未知へと続く橋」とでも名づけよう。
c0092386_2147387.jpg

ちょっとだけガスが抜けた。やっと湖面が見えたと思ったらすぐにまたガスの中。
c0092386_21475797.jpg

木道を3周するがこの後変化なし。天気予報は悪化の予報、土砂降りになる前に引き上げる。

撮影日2012.0706 雨
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2012-07-06 21:50 | 福島県