<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 27日

新潟市 越後七浦シーサイドライン

新潟市内、新潟西バイパス(R117)、R402、またまた、白岩海岸で夕日を狙う。
朝から晴天、この季節にはめずらしい天候が続いている。
昨年はこの辺で凍て付く日本海の荒波と鉛色の空を撮っていた。
今年は「日本海夕日大賞」の応募点数が伸びそうである。
暖かいせいもあり、海岸まで降りて夕日を楽しんでいる人がいた。
c0092386_18164518.jpg

日の入りはこの季節、5:20ごろ、弥彦スカイラインは3月いっぱい通行止め、
凍る心配のない今年ぐらい大サービスで解除してほしいものだ。
望遠レンズに付け替えると、ちょうど沖を船が・・・、太陽と重なるタイミングにと・・・
残念ながら、遅い船で日が沈んでしまい、このカットしか撮れませんでした。
c0092386_18222625.jpg

帰りに夏木のはさぎ地区へ。弥彦山とはさぎのシルエットと夕闇に染まる空
を撮りに行ったが遅すぎた。すでに大勢のカメラマンが三脚を立てていた。残念!
再チャレンジしたい。
撮影日:2007.0226 快晴
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-27 18:31 | 新潟市
2007年 02月 25日

長野県 飯山市 なべくら高原

北陸自動車道、上信越自動車道、豊田飯山IC、R117、戸狩温泉スキー場より10分。
ぶなの原生林で有名な「鍋倉山」のふもとでクロスカントリースキー、スノーシューを
履いて真冬の雪原や森をトレッキングするイベントを見学した。仕事で・・・
北信州は四季を通してトレッキングが盛んで魅力的なコースがたくさん整備されている。
小雪暖冬とは言いながら見事に広がる雪原、しかもパウダースノーである。
小学生と思われる団体がクロスカントリースキーの練習をしていた。
c0092386_19281919.jpg

空には雲ひとつない快晴、近くで見ていると意外とスピードが出ている。
c0092386_19263582.jpg

春にはぶなの新緑を求めて再度訪ねてみたい。去年は新潟県側から6月に入ったが
まだ除雪されていなかった。飯山市と新潟県上越市の県境関田峠では雪が8mも
積もるのだそうです!
撮影日:2007.0225
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-25 19:40 | 長野県
2007年 02月 22日

新潟市 間瀬海岸 越後七浦シーサイドライン

新潟市内よりR402(日本海夕日ライン)で弥彦方面、角海トンネルを抜けしばらく
走るとこのポイントが目に飛び込んでくる。手前の路側帯に車を止め、徒歩で海岸へ
形のいい岩をシルエットにフレーミング。雲がなく単調な夕日になったが波が穏やか
で海面の反射がきれいである。このところ3月下旬ごろのあたたかさで穏やかな
天候が続いている。春が早そうである。
c0092386_2223931.jpg

水平線近くに濃い雲があり、日没シーンはお預け。変わりに流れ星のように飛行機雲
が現れた。
普段はほとんどRAWで撮影しているので、夕日はフレーミングにより
結構色温度を調整することが多い。
c0092386_224569.jpg

撮影日:2007.0222 快晴無風。
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-22 22:12 | 新潟市
2007年 02月 20日

新潟市 越後七浦シーサイドライン

新潟市内、新潟西バイパス(R117)、R402、再度田ノ浦海岸で夕日を狙う。
朝から一日中の快晴で海に沈む大きな夕日が撮りたくて海岸線を右往左往。
時間がなくなり、田ノ浦海岸から白岩寄りの遊歩道から夕日を狙う。
c0092386_20312295.jpg

中途半端だが雑草に阻まれいいポジションがとれない。しかしここから右に夕日が沈む
4~5月ごろは佐渡が島に沈む夕日と絶壁+松ノ木を絡めて撮れそうだ。発見である。
c0092386_20344023.jpg

この近辺には夕日ポイントがいたるところにある。今後は集中的に夕日を撮り続けたい。
撮影日:2007.0220 快晴
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-20 20:40 | 新潟市
2007年 02月 20日

長岡市 旧山古志地区 その3

関越道小千谷IC、R291、30分。または長岡市内R17、蓬平温泉方面からも行ける。
中越地震から3回目の冬、2月17~18日に蓬平温泉で「地域復興交流会議」が
開催された。被災地の住民の皆様とボランティアの方々、行政関係者が参加し、
交流活動の様子などが報告され、親睦会、講演会などが2日間に渡って行われた。
ひとこと、この会議に参加している皆さんは全員「元気」である。
復旧は終わりかけたというがまだまだ、雪の下でさえ震災の傷跡が見え隠れする。
立派な橋は完成したがその流域には取り壊されずに残ったままの住宅がまだ・・・
その橋の上からの撮影。
c0092386_923419.jpg

昔はなかった河川だがちょっとカメラをパーンすると・・・
c0092386_9244863.jpg

R291は立派な道路になった。普段この時期は雪の壁で、風景など楽しめる
場所ではないがすでに養鯉池も顔を出し、すっかり春近しの雰囲気である。
c0092386_9352320.jpg

長岡市山古志支所(旧山古志村役場)に棚田撮影ポイントの看板があったので
撮影してきた。ご参考に、まだ冬季閉鎖道路も多いのでご注意ください。
c0092386_9382926.jpg

撮影日:2007.0217
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-20 09:51 | 長岡市
2007年 02月 12日

阿賀野市 瓢湖の白鳥

新潟市内よりR49で旧水原市街地より数分。タイミング良く地元新聞に白鳥飛来数の
記事が載っていた。瓢湖が4,136羽で県内一の飛来数でだそうです。
1月3日に訪ねた時は写真にも残っているが4,622羽という看板があったが・・・
カウントのする方法があるのでしょうか?
AM9:00、11:00の餌の時間になると時計でも持っているのかどんどん集まってくる。
c0092386_2146197.jpg

福島潟が約3,600羽、佐潟が2,125羽、鳥屋野潟が約1,548羽、場所によってかなり
飛来数が前後するものだ。餌のある水田に雪が積もることがない今年は平年並みに
戻ったようだ。合計で17,059羽の白鳥が県内で越冬しているそうです。
見事な着水?
c0092386_21541767.jpg

仲の良い「めおと」白鳥。
c0092386_21553165.jpg

撮影日:2007.0211 瓢湖の白鳥飛来数は3,584羽。
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-12 22:12 | 阿賀野市
2007年 02月 10日

三条市 五十嵐川 白鳥

関越自動車道、三条燕IC、旧下田村方面、R289約30分。五十嵐川と併走する国道から
川面に転々と白鳥の姿が見える。広い新潟平野は湖や潟が多く、白鳥の姿もよく
見かけるが結構内陸に入った山に囲まれ、しかも急流で川幅もそれほどないこの場所で
白鳥が居ついているのは不思議である。人にもなついており、餌付けのおかげか。
餌を与えると水から上がってくるほどなついている。外敵がいなにのか?
c0092386_20405959.jpg

今年は飛来数が多く、200羽ほど。白鳥は飛び上がるのにかなりの「滑走路」が必要だが
ここにいる白鳥はどうやって飛び上がるのか興味があり、しばらく待っていただが、
飛び上がる気配がまったくない。ひたすら見物客の餌を待っているようである。
c0092386_20452755.jpg

撮影日:2007.0210
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-10 20:46 | 三条市
2007年 02月 10日

三条市 旧下田地区 

北陸自動車道三条燕IC、R289経由30分。この地区には大きなダムが2つある。
笠掘ダムと大谷ダムである。やはり小雪で普段の年は凍結・積雪し真っ白になる
ダム湖だが普段の季節と同じである。
大谷ダムへ行く途中の橋の上から五十嵐川下流側をのぞくと下の風景に出会える。
c0092386_2071062.jpg

気温が高く、雨が降り出し、雪原から霧が湧き出してきた。いたるところで幻想的な
シーンが出現。ショットが進む。杉木立と霧。墨絵の世界である。
c0092386_20114878.jpg

遠近感を出すために手前にも杉木立を入れてみた。
c0092386_20123816.jpg

越後長野温泉から守門川沿いでのカット。
c0092386_20164634.jpg

雪の覆われた田んぼと杉木立。すでにあぜ道が顔を出している。
c0092386_20181655.jpg

撮影日:2007.0210
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-10 20:39 | 三条市
2007年 02月 10日

十日町市 旧松代地区

関越自動車道、越後川口IC、R117、R253、蒲生地区。信号のあるR353の交差点
のひとつ手前を右折。、田植え時期の早朝には大渋滞を起こすほど撮影地としては全国区。
今シーズン2回目の訪問。今年は雪解けが早そうである。
c0092386_19464538.jpg

気温が高く、雨が降り早朝のようにガスが出ている。朝日がこの霧に差し込むと杉木立と
あいまって幻想的な風景となり風景写真家にはたまらないシーンとなる。
c0092386_1949374.jpg

撮影日:2007.0210
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-10 19:58 | 十日町市
2007年 02月 10日

長岡市 旧山古志地区 その2

関越道小千谷IC、R291、30分、古志竹沢地区。棚田と養鯉池が厳冬のこの時期に
姿を現している。雪深いこの地も小雪である。普通なら3月下旬~4月の風景である。
山古志スキー場近くの棚田もすでに雪が緩んできている。
c0092386_1931125.jpg

養鯉池もいたるところで顔を出していた。春は桜のきれいな場所でもあるが今年は
雪と桜の競演は無理っぽい。
c0092386_19372482.jpg

撮影日:2007.0210
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2007-02-10 19:39 | 長岡市