ニイガタ越後「旬の撮影地」

katsu001z.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:福島県( 90 )


2016年 03月 30日

喜多方市山都町沼ノ平地区 福寿草の里

磐越自動車道西会津ICからとことこ旧山都町へ。日本最大級の福寿草100万株の群生地だ。日曜日で
暖かくなってきた天候に誘われて大勢の観光客が訪れていた。花はちょうど見ごろだ。
c0092386_21263611.jpg

観光協会のガイドさんが団体を案内、その解説を聞きながら花を楽しむことができた。
このような花になるまでは8年かかること、年に2~3回、斜面の下草刈りを行うこと、花には毒があり、
昔は民家の周りに植えられていたなど。
c0092386_21355612.jpg

新潟県民は12月~3月の間、あおぞらに飢えている、たっぷりと取り入れて。
c0092386_21371290.jpg


この近くの「鏡桜」もぜひ撮ってみたいものだ。

撮影日:2016_0327 晴れ!
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2016-03-30 21:40 | 福島県
2015年 10月 07日

福島県 福島市 浄土平

磐越自動車道、猪苗代磐梯IC、R115経由で磐梯吾妻スカイラインを登る。工事の関係で吾妻小富士から
先は一方通行になるとの告知。天狗の庭へは行けないようだ。
浄土平のレストハウス前の駐車場に止めて、まずは桶沼へ。
c0092386_636715.jpg

なかなかの紅葉であるが撮影ポイントが限られる。散策路の帰り道、吾妻小富士の山容を見上げる。
鮮やかなコントラストだ!
c0092386_637622.jpg

浄土平の木道付近の草紅葉はそろそろ終盤。
c0092386_638178.jpg

一息入れて吾妻小富士を登る。絶景が広がっていた。
c0092386_638435.jpg

天候に恵まれ、紅葉を満喫できた。

この日は13年間乗り続けた愛車との最後のロングラン、累計走行距離はなんと月にとどくほど!
この車のおかげでどれほどの絶景、秀景に出会えたかわからない。満身創痍で走り続けた愛車に
感謝、感謝である。

撮影日:2015.1006 快晴!
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2015-10-07 06:45 | 福島県
2015年 07月 02日

福島県 北塩原村 雄国沼

ここのところ毎年のように訪れている雄国沼に行く。朝6時始発のバスに乗るため、暗いうちに自宅を出発。
5時過ぎにシャトルバス乗り場の駐車場に到着したが施錠され入れず。
始発30分前に係員の方が現れる。始発バスは半分程度の乗客、金沢峠は真っ白、雲の中。
400段あるという階段を下り、木道に入るがなかなか霧(ガス)は晴れない。
c0092386_21472330.jpg

たまに切れ間から湿原が顔を出すが今年のニッコウキスゲの咲きっぷりは例年になく勢いがない。
c0092386_2148164.jpg


撮影日:2015.0629 小雨&霧
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2015-07-02 21:49 | 福島県
2015年 07月 02日

福島県 南会津町 高清水自然園 ヒメサユリ

ひめさゆりの群生地 高清水自然園へ向かう。
何年か前にも訪れその花の多さに度肝を抜かれたものだが、今年はパラパラと咲いている様子。
伸びきったワラビの群生の中にぽつぽつひめさゆりが咲いているといった感覚。クローズアップを中心に。
c0092386_604214.jpg

c0092386_6050100.jpg


撮影日:2015.0627 曇り時々雨
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2015-07-02 06:01 | 福島県
2015年 07月 01日

福島県 南会津町 駒止湿原

ワタスゲが見ごろを迎えている駒止湿原を久しぶりに訪れてみた。今回は南会津町側から湿原に向かう。
駐車場からすぐに湿原に入るとコバイケイソウが出迎えてくれた。
c0092386_1064878.jpg

木道は一方通行、ワタスゲが盛りを迎えどこから撮っても絵になる。
c0092386_1092584.jpg

c0092386_109441.jpg

c0092386_109505.jpg

c0092386_1010096.jpg

いや~ワタスゲパラダイスです。

撮影日:2015.0627 曇り
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2015-07-01 10:13 | 福島県
2015年 05月 22日

2015GW 撮影紀行 その4

前日の桧原湖畔の桜が気になり、裏磐梯へ戻る。
風に落ち着きがなく、湖面はざわめくことが多く、タイミングを見計らう。
c0092386_7163057.jpg

陽が差すと新緑と桜の色の鮮やかさが増した。
c0092386_7171137.jpg

近くの水芭蕉の撮影ポイントへ向かう。手つかずの場所なので到着するまでは結構リスキーだ。
c0092386_7193662.jpg

c0092386_7194136.jpg


撮影日:2015.0505 快晴
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2015-05-22 07:20 | 福島県
2015年 05月 20日

2015GW 撮影紀行 その2

裏磐梯まで足を延ばす。水芭蕉のポイントへいくがまだ雪の下。桧原湖 湖畔で水芭蕉を見つける。
c0092386_20514281.jpg

帰りの道で残り桜を見つける。時間はすでに5時半を過ぎているがファインダーを向ける。
c0092386_20541327.jpg

う~ん、やはり陽がほしい。

撮影日:2015.0504 うす曇り
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2015-05-20 20:56 | 福島県
2015年 05月 09日

2015GW 撮影紀行 その1

4~5日の休みを利用して2015GW撮影紀行に出かける。
福島県西部地区を中心にまわり、山形県飯豊町~小国~裏磐梯と回るルートだ。
初日は会津坂下ICから「カタクリまつり」のノボリをたどって各所に寄るが残念状態。
只見川沿線沿いに田子倉ダムを目指す。
尾瀬を源流とする只見川も水量がたっぷりで新緑が映えます。
c0092386_6341471.jpg

ダムサイトの下部の公園で見頃の桜発見。
c0092386_6354412.jpg

田子倉ダムに上がり、冬季閉鎖箇所まで行き、道路沿いで新緑ポイントを探す。
c0092386_6373391.jpg

ダム湖は風が吹いたり止んだりとタイミングがなかなか難しい。
c0092386_6384413.jpg


「水芭蕉まつり」の看板やノボリに誘われて昭和村へ。ナビと格闘しながら何とか会場にたどり着いたが
村挙げてのお祭りのようだ。演歌や三味線のステージで盛り上がっていた。
c0092386_645154.jpg


撮影日:2015.0504 晴れ~うす曇り その2へ続く
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2015-05-09 06:47 | 福島県
2013年 10月 28日

福島県下郷町 観音沼公園

観音沼公園に到着したのは3時をまわっていた。雨も降りだし寒さが増してきたが無風だ。
ゆっくりとポイントを探りながら沼のほとりを廻る。
c0092386_7265480.jpg

c0092386_727236.jpg


沼の周りを散策する人たちの雨具の色をワンポイントに
c0092386_7293168.jpg


撮影日:2013.1024 雨
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2013-10-28 07:31 | 福島県
2013年 10月 27日

福島県 桧枝岐村

奥只見湖に別れを告げ、福島県桧枝岐村に入る。尾瀬の玄関口御池駐車場の
手前で急ブレーキを踏んでしまいそうな絶景が目に飛び込む。
c0092386_19444456.jpg

この色合いのバランスにはなかなか出合えない。
そして、ここはすでに晩秋の佇まいだ。
c0092386_1945988.jpg


山を下り、伊南川屏風岩付近で少し楽しむ。
c0092386_19533842.jpg

パンフレットに乗ってそうなカット。
少し下流へ散策するとこんなシーンが撮れる。
c0092386_19541240.jpg


次は観音沼へと走り続ける。

撮影日:2013.1024 曇り~雨
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2013-10-27 19:57 | 福島県