「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:富山県( 4 )


2013年 05月 10日

2013GW撮影紀行その6 富山県 高岡市 雨晴海岸

北陸2日目、ここもいつかは行ってみたいと思っていた場所、朝からメイン。早朝暗いうちにホテルを出て、
雨晴海岸へ向かう。高岡市R415を進み「雨晴トンネル」を抜けると海岸に出る。すると右手にポイントの
岩礁が見えてくるはず。しかし初めてということもあり見逃してしまい、道は海岸を離れどんどん山の中へ。
おかしいと細い道から海岸線に向かうが港に出てしまった。暗くて見えない。仕方なく来た道を帰るとR415沿いに車がたくさん止まっているところを発見、あった!闇夜に浮かび上がって岩礁が見えた。
近くの駐車スペースにもぐり込み、JR氷見線の下を潜り抜け海岸に出ると、大勢のカメラマンがすでに
スタンバイしていた。寒い!しばらくすると東の空が明るくなってきた。
c0092386_634651.jpg

細くておれそうな「新月」を入れて。左の山並みが立山連邦へと続く。女岩というそうだ。
本来、立山連峰を背景に撮るポイントとして有名だがこの時期はかなり左側からご来光になるので
このポイントに集結しているようだ。初めてのポイントは諸先輩方と並んだ方がいい。そして昇陽である。
c0092386_6103766.jpg

すばらしい!びっくりである!いまはやりの じぇ!じぇ!じぇ!である。
c0092386_6104434.jpg

冬季間にケアラシと絡めて撮りたいと思う人気のスポットである。
日本海で海と絡めた朝日を撮れるなんてうらやましい。新潟では佐渡に渡らないと撮れない。
富山県の自慢のスポットのようだ。拍手である。

撮影日:2013.0508 快晴!しかし寒い!


[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2013-05-10 06:20 | 富山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 09日

2013GW撮影紀行その5 富山県 南砺市 となみ野山居村

この日のメイン、となみ野散居村の夕景を狙えるポイントへ。
このポイントは何年か前、雑誌「風景写真」に封入されていた写真集の広告チラシで初めて見て、
これはすごい!いつか行ってみたい!こんな写真を撮ってみたい!と長年チャンスを待っていたポイント。
今年やっと、その願いがかない、ポイントへ向かう。

ネットで調べると散居村の夕景を撮れるポイントはかなりあるようだ。
2年前に白川郷の帰りにサービスエリアの温泉で入手した「となみ野散居村展望スポットMAP」を頼りに
ポイント探す。まずは標高が一番高そうな「つくばね森林公園展望台」へ向かう。残念ながら通行止め。
気を取り直して「閑乗寺公園」へ。持ってきた広告チラシと見比べるがどうも違うようだ。角度が違う、
遠くに海が見え、イカ釣り漁船の漁火が見えるはずだ。スマホで調べるとハンググライダーの発信基地
らしいポイントから撮ったカットが一番近いようだ。この公園の上のようだ。まだ雪解けの残骸が残る
林道を駆け上がり、八乙女山の展望スポットへ上がった。かなりワイルドな道だ。

ハンググライダーの発信基地、探し当てるまでにちょっと時間を要したが、PM5:00に現地到着。
先陣の車が2台。夕焼けまでに時間がルので近くを散策。山居村を楽しむ。
c0092386_20444495.jpg

少し霞がかかっているようだ。いよいよ陽が沈む。寒い!が絶景である。
c0092386_210553.jpg

そしてトワイライトタイム
c0092386_2110518.jpg


模範作品とはかなり違うようだが初めての場所でもありまずまず。
富山県の自慢のポイントであろう。
新潟に帰ったら護摩堂山へ登ろう!

撮影日:2013.0507 晴れ!寒い!
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2013-05-09 21:13 | 富山県 | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 20日

富山県 五箇山

白川郷の帰り、富山県に戻り五箇山へ寄ってみる。人影はまばらだ。積雪も中途半端だ。
そして雪が雨に変わってしまった。イメージカットで。
c0092386_21505120.jpg

数少なくなった残り柿をアクセントに山里の風情を表現したいが
c0092386_2152233.jpg

世界遺産の建物はさすが迫力がある。
c0092386_21544731.jpg


撮影日:2010.1218 雪~雨

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2010-12-20 21:57 | 富山県 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 09日

富山県 立山町 称名滝

北陸自動車道富山県の立山IC、突き当たり右。後は誘導看板あり。但し、滝に通じる道は
AM6:00から通行可能。大駐車場、トイレあり。
日本一の落差を誇る滝である。4段になっていて合計350mの落差があるそうだ。
ゲートが開くのを待って、駐車場へ。資料館もあるようだ。車は結構入ってきたが、滝ではなく
登山のようだ。駐車場より舗装された管理道路を約20分。ハイヒールでもOKな道だ。
目の前正面には少しずつ滝が見えてきた。滝手前の橋の上から全容をとらえる。
c0092386_6262283.jpg

青空なのに、大雨が降ったような水しぶき。一瞬でずぶぬれである。傘が絶対必要!
レンズがすぐ濡れて、上部が逆光状態で半分以上見れないカットに!
橋を渡ると4段程度崖づたいに滝見台がある。水しぶきも少なくなるが滝つぼは見えない。
仕方なく、望遠で滝の一部を切り撮ってみる。
c0092386_634819.jpg

やはり滝は滝つぼを入れて撮りたいと思い、雨模様仕様で正面から再チャレンジ。
轟音と湧き上がり水しぶきの迫力ある水流を狙って。びしょぬれである。
c0092386_636567.jpg

午後になると日が当たり、また違った表情を見せてくれそうだ。また違った角度から滝が
見える散策路が整備されている。近くまで行ったが結構「登山道」なので引き返した。

この週末は再度信州高原巡りと滝巡り行ってきま~す!

撮影日:2008.0803 晴れ!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 気に入ったらクリックしてね!
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2008-08-09 06:47 | 富山県 | Trackback | Comments(2)