ニイガタ越後「旬の撮影地」

katsu001z.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 14日

小千谷市浦柄地区 さいの神

先の中越地震で甚大な被害を受けた小千谷市浦柄地区。あの母親と子供二人が
土砂崩れで生き埋めになり、優太君だけが救われた妙見のすぐ近くである。
国道291号線沿いでこの道を上がって行くと山古志に通じる。

この地域では一番規模の大きいさいの神が行われると聞き訪ねてみた。
会場の田んぼにはテントも立てられ、7~8mはあると見られるさいの神が出来ていた。
住民の方も70名以上集まれていた。さいの神は2つ用意されており、小さいほうにまず
点火された。
c0092386_21393819.jpg

しばらくして、メインのさいの神にも点火、折からの強風で赤々と燃え上がる。
c0092386_214165.jpg

炎がますます大きくなってきた頃、吹流しのようなものを長い竹ざおの先につけ
根元に火をつけ、燃えながら飛んでいく様子は結構迫力があった。
c0092386_21453877.jpg

無病息災、五穀豊穣を祈りたい。

撮影日:2008.01 最初は晴れ間ものぞいていたが吹雪になってきた。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 気に入ったらクリックしてね!
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2008-01-14 21:51 | 小千谷市


<< 柏崎市 高柳町荻ノ島 かやぶき...      十日町 松之山 森の学校「キョ... >>