2008年 01月 09日

冬の日本海にかかる虹

新潟の冬は「鉛色の空と荒れ狂う日本海」が定番。西高東低の気圧配置とシベリアから
張り出した大寒気団が南下すると大雪になる。今年は少ない。したがって平地に雪はない。
雪景色にはイマイチの状態が続いている。

村上市に向かう途中、R345胎内市の「はまなすの丘」でトイレ休憩。
それにしてもすごい風だ。海水と砂が横殴りで襲ってくる。車に戻ろうとしたら・・・虹だ!
慌ててカメラを持ち出してのショット。
c0092386_21231337.jpg

今年に入って運転中に虹を見ることが多かったがカメラに収めたのは初めてだ。
30秒後にはなくなってしまった。

冬型の天候のとき、雲の流れが早く、ときどき晴れ間がのぞくことがある。結構ドラマティック
なシーンに出会うことがあるが、虹ということは気温が高いということか・・・

撮影日:2008.01 強風曇り時々雨

人気blogランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 気に入ったらクリックしてね!
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2008-01-09 21:33 | 胎内市


<< 真冬の笹川流れ      にいがた「旬の撮影地」100選 >>