2009年 08月 04日

新潟市西区 雪梁舎美術館 二千年蓮

8月からは毎日更新!を目指していたが3日目で挫折してしまった。長岡の花火を撮りに行き
長岡泊になってしまった。まだ感動がおさまらないほどの迫力、「日本一」といわれる凄さを
十分堪能できた。でも「日本二」を見ない限りそれは実感できないのか?
感動は後日ゆっくりとアップする予定。

久しぶりに地元新潟のアップになる。平地も久しぶりだ。そして夏といえばひまわりか
蓮が人気の被写体だ。誰でもいつでも簡単に安心に撮れる「安近短」の撮影ポイントへ向かう。
旧黒埼、新潟日報本社向かいの雪梁舎美術館の蓮池へ。8時を回ったせいかカメラマンはまばらだ。
晴れたり曇ったりと天気が落ち着かないが望遠レンズで花振りのいい蓮を狙う。風が吹き始めて
手前の大きな葉が左右に揺れる。タイミングを合わせてパステル調のボケ味を演出。
c0092386_21172231.jpg

そろそろ終わりかけなのか、花の数は少なくなっている。縦位置であでやかさを強調して。
c0092386_2119240.jpg

なんか久しぶりにゆったりと被写体を探す余裕ある撮影ができた。

新潟地方は今日が梅雨明け、遅い、ぎらぎらの夏がやってくる。やっぱり涼しい花火かな!

撮影日:2009.0801 晴れ時々曇り

気に入ったら投票お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
[PR]

by katsu_001Z_matsu | 2009-08-04 21:25 | 新潟市


<< 長岡市 長岡まつり大花火大会 その1      長野県富士見町 富士見高原ゆり... >>